検索

葉っぱの芸術


穏やかな一日でした。久しぶりに森を歩き、砂場で遊びました。夏の強い日差しでもなく、冬の凍てつく寒さでもなく、あったかい陽の光に包まれて遊んでいる子どもたちは、とても美しかったです。



おひさま組のD君が、おさんぽの途中にみつけたレース状の葉っぱを見せてくれました。

ほぼ葉脈だけになった白っぽいその葉っぱは、とっても素敵で、みつけたD君がうらやましくなりました。

レースの葉っぱを秋空に輝く陽の光にかざすとそれはもう本当に美しく…感動。


D君はしばらく手に持ち、他のスタッフにも見せていましたが、しばらくしたらあげるよと言って持ってきてくれました。たぶん他の遊びをしたくなったのでしょう。


惜しげもなくそんな素敵な森の宝物をくれるD君に、また感動。


大事に持って帰るもの素敵。でも心に溜めて居るからいいんだよ、っていうD君もいいな。




帰りの会の前に風組のA君の誕生会。

お友達からたくさんのプレゼントをもらい、てから溢れ落としてしまうほど。

A君、みんなの気持ちいっぱい心に感じたね。