検索

軽トラの荷台から降りられるように…

ちょっと前から、軽トラの荷台が遊び場になる時があります。

体の小さな風組さんも、タイヤに足をかけたら登れるようになりました。


でも降りられないので、誰かが降ろしてあげないといけません。


今日、風組のMちゃんが大きな男の子たちに交じって荷台に乗っていました。

水道のところにいたスタッフの耳に、荷台の子どもたちのやり取りが聞こえてきました。

「自分で降りられない子は、登らない方がいいんだよ、まっちゃんが言ってたよ」


少し前に、おひさま組のFS君が木登りに挑戦。なかなか登れなくて、まっちゃん登らせて~と言ってきました。

う~ん、自分で登れないと自分で降りられないからな~

まっちゃんが手伝って登るより、自分で登れるようになった方がいいね~

と呟いたのを覚えていたんだね。



子どもたちの声を聴いて、どんな状況かと軽トラの方に目をやったら、FS君の話をきいたIS君が、Mちゃんに降り方を一生懸命教えています。

足をタイヤにかけるんだと。

自分の大事な剣が、他の子に触られるかもしれないのに、Mちゃんに寄り添っています。


Mちゃん、チャレンジしますが「こわいよ~」と言います。


あきらめずにサポートするIS君。


最終的には、IS君に抱っこしてもらって降りたMちゃんでした。

IS君の気持ちと頑張りは伝わったと思うよ。近い将来、Mちゃんは自力で降りられるようになっているよ。ありがとう、IS君。



はじまりの会から2か月ちょっと。

子ども達は、仲間としてまとまってきています。

皆が、それぞれのことよく見ているし、考えています。


夏休みまで、あと20日ほど。


今後も子どもたちの成長がますます楽しみです。




(動画、周りの子どもたちの声がたくさん入っています。)